保健科学東日本監修!臨床検査技師の仕事内容と活躍の場

臨床検査とは

臨床検査とは、患者の体の状態や病気の原因とその重症度・緊急性・治療効果などを評価するために体や臓器の働きを調べる検査のことです。
臨床検査技師は厚生労働大臣の免許を受けて、病院や診療所を始めとした医療機関や保健科学東日本などで働きます。
医師や歯科医師の指示のもと、各種の検査を行う専門家です。

病気の予防や早期発見、診断や治療効果・判断を行う上でこの手の検査は必要不可欠なものになっているのが現状です。
活躍の場はどんどん広がり、社会的にも理解が深まっています。

緊急医療や高度な治療を行う病院、大型の総合病院から数名でやっているところまで様々な医院・病院に臨床検査技師は働いています。
また、健診センターでも活躍している技師も多いです。

医療機器メーカーで働く技師がいるのも現状です。
医療機器メーカーでは、検査に必要な各種医療機器の開発や安全管理、保守点検を行っています。
また、全国のどの病院や検査センターでも検査の結果が同じになるように、検査の標準化にも注力するのも仕事の一環です。

臨床検査センターは、地域の検診施設や開業医からの検体を集結して分析しています。
そこで技師たちは、大量の検体を処理するとともに病院では対応しきれない特殊な検査の雑誌も仕事です。
各種の検査で正確な分析ができているかや、常にデータを確認するとともに、医師や病院からの検査に関する問い合わせ等にも対応をしています。

臨床研究コーディネーター・CRCは、臨床研究や新薬の治験に対して科学的に信頼できることを保証するために活動しています。
治験の手順や正当性、被験者の同意等の確認も行っており、倫理的な観点からのアプローチにも力を入れているのが現状です。

さらに、試験データの記録や症例報告書の作成など、治験が開始してから終了するまでを幅広く支援するプロです。

検体検査と生理機能検査に分類される

臨床検査は、検体検査と生理機能検査とに分けられます。
検体検査では、人体から採取した血液や尿、組織細胞などの検体を用いて調べていています。

その検査の精度を担保し、正しい検査結果を提供するためには採血や最初から検査結果報告に至るまで岸が責任を持って行わなければなりません。
検査についての説明や相談も技師の担当業務の一部です。

実際に行われる検査には様々な種類があります。
微生物学的検査では、採取した便や尿・痰などを培養し、感染症の原因となる微生物を特定し、薬に対する効き具合を検査するのも仕事です。

血液学的検査においては、血液中の白血球や赤血球などの血液成分を調べます。
数や形態・機能を検査することで、貧血の種類や白血病を始めとする様々な血液の病気を発見することが可能です。

また、血液を凝固させたり、させすぎないようにしている成分を分析し、体の中で起こっている病態を確認することもできます。
血液をさらさらにして流れやすくするための薬の効果を見ることも可能です。

血清を分析して血液中の酵素や脂質・糖質・無機質・ホルモンなどを測定し、体調の変化や臓器の異常を見つけるのが生化学的検査です。
肝機能検査や腎機能検査・脂質検査・糖尿病検査・甲状腺検査など多くの分析項目があります。

尿や便・体腔液などを調べる一般検査について

一般検査にも活躍の場が存在します。
こちらの検査では尿や便・体腔液などを調べるのが主です。

尿の検査では腎臓や泌尿器系臓器の状態、膀胱や尿道にできた腫瘍やその種類等についても調べることが可能です。
便の検査は便潜血検査と寄生虫検査の二つがメインです。
体腔液の検査では、感染症や腫瘍鑑別などの診断に役立てることができます。

病理・細胞診検査もあります。
これは病理組織検査と細胞診検査に分けられ、前者では患者の体から採取された臓器や組織を用いて顕微鏡観察用のガラス標本を作るのが主です。

作成した標本を病理医に観察診断してもらい、病気の最終診断がなされます。
細胞診検査では尿や痰などに含まれる細胞や子宮頸部や気管支などから採取した細胞・乳腺・甲状腺などの臓器に細い針を刺して採取した細胞から標本から作成し、悪性の細胞の有無を調べるのが役割です。

遺伝子染色体検査も行われている

遺伝子染色体検査もあります。
遺伝子染色体検査では、生まれつき持っている体質や生まれた後に生じたDNAの変化を調べることで病気の診断を行うのが特徴です。
最近ではがんの治療薬等が体質的に効きやすいかそうではないかなど、治療効果の予測などにも応用されています。

一方の生理機能検査にもたくさんの種類があります。
超音波検査では、人の耳には聞こえないような高い音である超音波を用いて体内の組織を画像化し、それによる異常の有無の判断です。

心臓や肝臓・胆嚢・脾臓・膵臓・腎臓等の腹部臓器、乳腺や甲状腺等の体表臓器、大動脈などの血管系を始めとして、あらゆる臓器の観察に用いられます。

その他心電図や脳波・呼吸機能・聴力検査・味覚嗅覚検査・熱画像検査・MRI・眼底検査などたくさんの検査によって治療や薬の効き具合などを判断することができます。
活躍の場はとても広く、我々の知らないような現場でも臨床検査技師は活躍しているのが現状です。