中古住宅を購入する際のチェックポイントとは

中古住宅を購入するときのチェックポイント

マイランドなどで中古住宅を購入する時には、どの地域に住むのか、間取りはどうなのか、価格は適正なのかなどについてチェックすることと思いますが、そのほかにも住宅そのものの性能面のチェックを怠ってはなりません。

新築住宅とは異なり、中古住宅の場合には、少なくとも数年が経過していることがほとんどなのすることを、で、しっかりと設備が整っているのかなど注意して確認する必要があるでしょう。

確認したいチェックポイントとして一つに耐震性があげられます。

近年では住宅の耐震性を重視する人が非常に増えています。

マイランドなどの中古住宅の場合に耐震性を知る上で大切なチェックポイントとしては、建設時期や地盤、メンテナンスの有無などについて確認するようにしましょう。

建設時期については、1981年と2000年の年代に注意が必要です。

まず1981年6月1日以降に確認申請を取得したうえで建築された物件に対しては、新耐震基準をもとに建設されています。

そのため一定以上の耐震性を持っていると考えてよいでしょう。

さらに2000年に再び耐震基準の改正があり、木造戸建て住宅の耐震性がここを境にしてさらに向上したといえるでしょう。

そのため中古住宅を購入する場合には、最低でも1981年以降に建てられた物件を選ぶことが重要であり、さらには2000年以降の物件であればなお、耐震性については安心と考えられるでしょう。

たとえそれ以前に建てられた住宅だとしても、耐震診断や耐震補強が住んでいれば特に問題がありません。

地盤についてもしっかりと確認する必要がある

そして地盤についてもしっかりと確認する必要があります。

地盤のチェックポイントとしては、軟弱地盤、造成地の盛土部分、液状化しやすいという点で、購入したいと思っている住宅が該当していないかどうかを確認するようにしましょう。

自治体によってはハザードマップを公表しているところもあるので、インターネットで一度確認してみるのもよいでしょう。

もしも公開していない自治体ならば、建築課を訪れて直接聞いてみることで確認が可能です。

マイランドに直接聞いてみても教えてくれるかもしれません。

もしこれらの条件に当てはまっている住宅である場合には、それに対してどのような対策がとられているのか、過去に地震が起きた時の被害状況はどのようなものだったのを調べるようにしましょう。

住宅の買い物は一生に一度の大きな買い物ともいえるので、もしも心配であれば地盤調査を行うことも検討するようにしましょう。

そして適切なメンテナンスがなされている物件であるかどうかも確認するようにしましょう。

建物は建築されたその日から劣化が始まり、年数が経過すれば経過するほど、様々な部分で影響が出てくるといえます。

適切な時期に適切なメンテナンスをすることで、それらをカバーしていくことが可能ですが、中には全くメンテナンスがされていない住宅があるのも事実です。

そのためメンテナンスの時期や内容を記した家歴書の有無や内容についてしっかりとチェックするようにしましょう。

マイランドの物件はそのあたりは心配する必要はありません。

マイランドが考える耐震性の重要性

そして火災時の安全性についてもしっかりと確認するようにしましょう。

火災が発生する一つの原因として、近隣の自宅で火災が発生し、その家事をもらってしまうもらい火が挙げられます。

隣の家との距離が離れていれば離れているほどその可能性は低くなり安全といえます。

万が一火災が発生した際に、消防車や救急車が近くまで入り込めるかどうかという点について道路状況についても確認する必要があります。

古い木造の住宅が密集し、細い道が入り組んでいるような場所に立っている場合には、災害時には危険性が高くなるといえるでしょう。

もしも隣の家との距離が近い場所に建っている中古住宅を購入したいと思っている場合には、窓や外壁等のもらい火を受けやすい部分に対して、燃えにくい材料が使われているかどうかをしっかりと確認しましょう。

そして耐久性も非常に大切な部分であるといえます。

住宅の耐久性は目に見えない部分であり難しい部分であるといえるでしょう。

マイランドの人が言うには、木造住宅である場合には、柱や梁、土台などの主要となる構造部分の木材が良い状態であるかをチェックすることが重要になります。

風通しが確保できるように床下や屋根裏には換気口がしっかり取り付けであるか、床下の土台のシロアリ対策や防腐処理などが行われているかなどを確認するとともに、年数が経過するとともに再度処理がなされているかなどもチェックしたいところです。

また給水管やガス管については劣化が早い部分と言えます。

そのため室内の壁や床に点検口が設けられているかどうか確認するようにしましょう。

点検口があることで、定期的に点検や清掃、補修がしやすくなります。

これらの設備がコンクリートに埋め込まれていないかなども注意して確認するようにしましょう。

また昔の木造住宅の場合には断熱材が使われていないものや、断熱が不十分な住宅もあるため注意が必要です。

室内を確認し結露やカビの跡がないかどうかをしっかりとチェックするようにしましょう。

結露やカビが発生している場合には、壁の中でも腐食が進んでいる可能性が考えられます。

ちなみに、マイランドが取り扱っている中古物件は自社でリフォームしているため、他の不動産会社よりも信頼が置けるでしょう。

 

おすすめコンテンツ

マイランドリフォーム